Welcome Guest 
ただいま無料配布中
ネット商人メールシステム(無料版)で一斉メール送信

ネットフォームは高機能オートレスポンダーとフォーム
サイトメニュー
お役立ちリンク
→改正特定電子メール法対策はもうお済みですか?
DRMネットビジネス情報
ダイレクトレスポンスマーケティングとは
たった5分の作業で、わずか30分後にGoogleのトップに表示させる方法が無料でわかります


CORESERVER.JP(コアサーバー)は、
PHP+MySQLの快適性を重視した大容量の次世代レンタルサーバーサービスです

ネット商人.comもお勧め 高機能レンタルサーバー
お手頃価格で機能充実!
さくらのレンタルサーバ・ビジネス プロ

毎月ジュース1本分のお手軽「ライト」プランから、法人用途に最適な「ビジネス プロ」まで

アンケートお願い
カレンダー
<  2018年12月  
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
ネット商人フォームについて
トップ  >  フォームの作成方法  >  【1】フォームのURLとデザインフォルダについて

【1】フォームのURLとデザインフォルダについて

作成するフォームはHTMLで自由に行えます。

フォームのアドレスは、
設置したURL/mkform/form1.php
設置したURL/mkform/form2.php
となりますが、このform1.php form2.phpを編集することはございません。

編集するファイルは
/mkform/designフォルダ内にある、拡張子がhtmlのファイルとなります。
またHTMLファイルは必ず文字コードをEUC-JPで作成してください。
※いったん普段お使いのホームページ作成ソフトで作成し後からそのファイルの文字コードを変換できますのでご安心ください。

フォームから送信がある場合は、
1.入力フォーム画面
2.入力確認画面
3.送信完了サンクス画面
4.入力エラーの画面
という画面をそれぞれ用意しておく必要があります。

1.入力フォーム画面

デザイン用フォルダ
mkform/designの中の
formplan1.html
formplan2.html
となります。利用できるフォームのパーツの説明は「【2】フォームで利用できるタグの説明」の章でおこないます。

2.入力確認画面

ヘッダーとフッターを別々にHTMLファイルで用意します。
デザイン用フォルダ
mkform/designの中の
フォームパターン1用は
formplan1confhead.html
formplan1conffoot.html
フォームパターン2用は
formplan2confhead.html
formplan2conffoot.html

3.送信完了サンクス画面

デザイン用フォルダ
mkform/designの中の
これもフォームパターン別にそれぞれ
formplan1thanks.html
formplan2thanks.html

4.入力エラー画面

デザイン用フォルダ
mkform/designの中の
フォームパターン1用は
formplan1errorhead.html
formplan1errorfoot.html
フォームパターン2用は
formplan2errorhead.html
formplan2errorfoot.html

上記のHTMLファイルを変更してご利用ください。
投票数:119 平均点:4.03
Powered by ネット商人Pro東京インターネットスパーク