Welcome Guest 
ただいま無料配布中
ネット商人メールシステム(無料版)で一斉メール送信

ネットフォームは高機能オートレスポンダーとフォーム
サイトメニュー
お役立ちリンク
→改正特定電子メール法対策はもうお済みですか?
DRMネットビジネス情報
ダイレクトレスポンスマーケティングとは
たった5分の作業で、わずか30分後にGoogleのトップに表示させる方法が無料でわかります


CORESERVER.JP(コアサーバー)は、
PHP+MySQLの快適性を重視した大容量の次世代レンタルサーバーサービスです

ネット商人.comもお勧め 高機能レンタルサーバー
お手頃価格で機能充実!
さくらのレンタルサーバ・ビジネス プロ

毎月ジュース1本分のお手軽「ライト」プランから、法人用途に最適な「ビジネス プロ」まで

アンケートお願い
カレンダー
<  2018年09月  
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
ネット商人メールシステムについて
トップ  >  新規インストール  >  【1.00】の新規インストール  >  MySQLにデータベースを作成

インストールの手順は、無料版、Proともにほとんど同じ手順です。
Pro用のインストールマニュアルPDF版もご参照ください。

MySQLのデータベースを作成


レンタルサーバーの管理画面やコントロールパネルからMySQLのデータベースを作成してください。

※MySQL4.1.Xの場合は、データベース作成時には、「ujis_japanese_ci」にて作成してください。
※MySQL5の場合は、データベース作成時には、
照合順序「ujis_japanese_ci」を選択してください。




もしこのシステム用にデータベースを作成できない場合は、既存のデータベースを利用することになりますが、テーブル名にご注意ください。
下記の名前のテーブルがすでにある場合は利用できませんのでご注意ください。
・magazine
・magplan
・maildb
・mkmailsys
・remail
※他のWebシステムなどでこれらのテーブル名が利用されていないかどうかはphpMyAdminなどで確認できます。
※まったくの最初からデータベース作成からスタートされている場合は気にしなくてもかまいません。

データベースの作成手順は各レンタルサーバーのヘルプなどをご覧ください。



たとえばエックスサーバーの場合はこのページ
(※利用登録時に設置予定のサーバーを書いていただければ、わかる範囲でヘルプページへのリンクを紹介していきます)

データベースを作成すると下記の4項目がわかります。
1.ホスト名
2.データベース名
3.データベース接続ユーザー名
4.データベース接続パスワード
これを控えておいてください。
投票数:99 平均点:4.34
Powered by ネット商人Pro東京インターネットスパーク